Skip to main content

JA

JA

VALENTINO LE NOIR

2024-25年秋冬

メゾン ヴァレンティノ クリエイティブ ディレクター、ピエールパオロ・ピッチョーリは常に、色とは即座にそしてダイレクトに情報を伝えることができる、つまり知覚を再調整し、形と機能を再評価する手段として一貫して利用される、パワフルな手段であると考えています。ヴァレンティノ2024-25年秋冬 ‘ル ノワール’ コレクションにおいてピエールパオロ・ピッチョーリは、色がないことでも、モノクロームまたはモノトーンの表現でもなく、微妙な差異を内包する、色の全スペクトルを見出すものとしてのブラックというレンズを通してヴァレンティノを再考しました。